くろすけのコツコツブログ

野球と筋トレが好きな医療系営業サラリーマン。10年後の自分に誇りを持てるよう今を懸命に生きます。

夏直前!腹筋を割るためにどうすればいい?

どうもくろすけです。

f:id:aloe_dental:20190615113341j:image

 

夏が近づいてきましたね。

といえば海!

ですよね笑

 

つまり!

露出が多くなります!見せ筋でもいいから腹筋を割りたいと思う方がたくさんいると思います笑

 

本日は腹筋を割るための方法を紹介したいと思います!

 

 

人は生れながら腹筋が割れている

腹筋は筋トレして鍛えたから割れるのではなく胎児の時からすでに割れているのです!

お腹が出ている人でも努力次第でバキバキの腹筋を手に入れられます!

 

 

 

腹筋トレーニングだけで割るのは正直難しい

よくお腹を凹ませたいと

 

腹筋を毎日するぞ!

 

っと

目標を立てる方がいると思います。

しかし、大体が腹筋しても割れないので知らぬ間に三日坊主になっていますよね笑

 

これはなぜか。

腹筋を鍛えてもお腹周りの脂肪は最後まで残るから!

仮に腹筋をして筋肉がついたとしてもその上にある皮下脂肪を落とさない限り

カッコいいシックスパックさんはひょっこりはんしてくれないんです!

 

つまり、筋肉をつけながら痩せないといけないということです!

なんて残酷なことを言うんだと思った方もいるかと思いますがこれが現実です笑

だからみんな憧れるのです笑

 

腹筋を割る方法

 

筋肉をつけて基礎代謝を上げる

筋肉量が増えますと自然と基礎代謝が上がりますので、痩せやすい身体になります。

また、周りの筋肉がつけばその分だけ身体全体のバランスが良くなりますので、

腹筋が割れればその分だけシックスパックが際立ちますよね!

 

ですので、腹筋だけでなく身体全体の筋トレをする必要があります!

 

有酸素運動をする

運動には有酸素運動無酸素運動と呼ばれるものがありますよね。

 

無酸素運動は読んでそのまま息を止めて行うトレーニングで短距離走などがそれに当たります。

 

有酸素運動は、体の中にたくさんの酸素を取り入れることで、脂肪をエネルギーに燃焼させる運動です。

有酸素運動の代表的なものはジョギングやランニングが当たります。

また、有酸素運動は筋トレした後にするとより効果が出やすくなりますので、筋トレと有酸素運動はセットで行いましょう!

 

食事

早く腹筋を割りたかったらやはり食事に気をつけるしかありません!

 

「なんだよ、やっぱり飯を抜いて痩せるしかないのかよ」

 

って思うかもしれませんが、

極端に食事回数を減らすのは一番やってはいけません!

 

人間の身体は腹が減ると、生命の危機を感じてできるだけエネルギーを蓄えておくようになり、脂肪がつきやすくなります。

 

人間の身体ってよくできてますよね、腹筋を割るには試練がたくさんがあります笑

 

ですので、脂肪を減らしたかったら高タンパク、低カロリーのものを朝、昼、晩必ず3食食べるようにしましょう!

 

まとめ

いかがでしたか?

腹筋を割るためには

筋トレ、有酸素運動、食事制限の3つがカギになります。

 

シックスパックは簡単には手に入れられないんですね笑

 

最初から全てを完璧にこなすことは難しいと思いますので、少しずつ食事やトレーニングなど気をつけていくと皆が憧れるシックスパックに近づいて行くと思います!