くろすけのコツコツブログ

野球と筋トレが好きな医療系営業サラリーマン。10年後の自分に誇りを持てるよう今を懸命に生きます。

売れてる営業マンほどメールではなく電話を使っているという事実

どうもくろすけです。

f:id:aloe_dental:20190608142056j:image

 

あなたは仕事でのコミュニケーションツールとしてメールと電話どちらを多く使いますか?

 

僕の仕事は医療機器営業でお客さんであったり、卸業者の人、社内の人間と多くの人と会話をします。

 

仕事においてメールは

相手の時間を奪わないコミュニケーションツールで証跡として残す意味でも非常に便利です!

 

よくホリエモンの本などで

電話は時間の無駄!メールでいい!

と書かれています。

 

僕も現代人なのでメールで十分と思っていた人間でした。

しかし、実際問題

メールだけでコミュニケーションを済ます人と

電話を使ってコミュニケーションをとる人で営業成績が大きく変わることがわかりました!

 

本日はそれがなぜなのか紹介していきたいと思います。

 

 

 

メールには感情が伝わりにくい

電話は自分の声のトーンやテンションによって気持ちが伝わりますが、メールは文面だけなので感情を表現するのが非常に難しいです。

 

LINEのようにスタンプなどを駆使したライトなコミュニケーションなら感情は伝わりますが、

ビジネスのメールはどうしても硬い文面になるのでその人がどう思っているのかがわかりません!

 

かといってメールで軽い表現をすると相手を嫌な気持ちにさせてしまい誤解させてしまうなどのケースがあります。

 

メールで相手に伝える時は文面はできるだけ丁寧にそしてわかりやすく伝えることを心がけましょう!(かなり難しい)

 

 

メールは意外と読まれていない

メールは自分だけでなく多くの人から来ますよね?

 

僕もよくメールで依頼などしますがいつまで経っても返ってこないというケースがよくあります笑

 

僕自身もメールが送られていたのに気づかなかったという経験があります

 

それなぜか

メールは忘れるからです笑

先ほども述べたようにメールには感情がなく、それがどれだけ急いでいるのか、またどれだけ大事なのかがわかりにくいのです!

さらにメールは1日に何件も来ますので埋もれてしまいます笑

なので

メールは読まれているはずと考えるのは非常に危ないです!

 

 

営業はスピードが命!

営業マンは多くの案件を生み出し契約を取ることが一番のミッションです。

 

その中でどれだけ顧客にアクションを起こせるかによって案件の数が変わっていきます。

 

メールだとどうしても時間にロスがあるのでスピードで負けてしまうことがあります。

 

 

 

電話は自分本位の行動だと言う人がいますが僕は電話は非常に大事なコミュニケーションだと思います!