くろすけのコツコツブログ

野球と筋トレが好きな医療系営業サラリーマン。10年後の自分に誇りを持てるよう今を懸命に生きます。

Mr.Children(ミスチル)おすすめ5曲人気定番曲集2000年~

どうもくろすけです。

f:id:aloe_dental:20190519093717j:image

 

前回ミスチルの2000年までの人気定番曲集を紹介しましたが、今回は2000年以降のミスチルの人気定番曲集を紹介したいと思います。

 

www.kurosuke.work

 

平成生まれの人たちはどちらかというと2000年以降のミスチルの方が印象が強いかもしれません。

実際ミスチルは2000年以降、桜井さんが小脳梗塞で倒れたこともあり、曲調やスタイルも変わった楽曲も多くなりました。

2000年以降はどのような名曲があったのか厳選5曲をチョイスしました。

 

Mr.Childrenのド定番おすすめ5曲


Mr.Children「Sign」 TOUR POPSAURUS 2012 Live

Mr.Children26枚目のシングル TBS系ドラマ「オレンジデイズ」主題歌

ミスチルはこの曲で2度目の日本レコード大賞を受賞しました。

歌詞はドラマの内容に沿ったものとなっています。

何気ない日常が本当は一番大切だということを桜井さん自身がキャリアの中で感じ結晶化された曲がsignだと言います。

ミスチルの等身大のラブソングはきっと皆さんの心の中にも響いてくると思います。

 

 

  • しるし


Mr.Children「しるし」Music Video(Short ver.)

日本テレビ系ドラマ「14歳の母」主題歌

桜井さんはこの曲について「両極の物語の中心にある「愛」とかいうもの、それを実感してもらえたらと願っています。最高のラブソングができました」とコメントしています。

歌詞は聞いているリスナーによってとらえ方が違う用抽象的な表現にしたそうです。

聴き方によっては連脚中のカップルのようにも分かれたカップルの歌のようにも解釈できます。

なんといってもサビのダーリンダーリン♪~半信半疑♪のような言葉のチョイスが神がかっています。

ミスチルは韻を踏んだ言葉のチョイスが素晴らしいので歌が非常に心地よく聞こえます!

 

 


Mr.Children「HANABI」 Tour2015 REFLECTION Live

フジフジテレビ系ドラマ「コード・ブルー ‐ドクターヘリ救急救命‐」主題歌

平成生まれの人たちにとってミスチルで一番聞きなじみがあるのはもしかしたらこの曲かもしれません。

コード・ブルー」はこれまで3rdシーズンまでと劇場版が放送されていますが

すべてがこのHANABIが採用されています。「コード・ブルー」と言えばこの曲というイメージが強いかもしれません。

哀愁漂うイントロは誰もが一度は聞いたことがあると思います。

Liveではイントロが流れた瞬間に歓声が沸き、サビのもう一回もう一回♪はみんなで歌います。

 

 

  • 足音 ~Be Strong

 


Mr.Children 「足音」Live from TOUR 2015 REFLECTION

フジテレビ系ドラマ、映画「信長協奏曲」主題歌

この曲はMr.Childrenの楽曲として初めてのセルフプロデュースとなっており、4人だけで作り上げた楽曲となっています。

この曲はミスチルがあたらしい一歩を踏み出したぞという決意の表れのような曲です。

実際ミスチルはこの曲を皮切りにこれまで数年間のピアノ主体のサウンドから4人の楽器がよく聞こえるバンド主体の曲が多くなっています。

僕もなにか新しいことに挑戦したり、始めたりしたときには必ず聞きたくなる曲です。

2000年代を代表するミスチルの応援ソングだと思います。

 

  • himawari


Mr.Children「himawari」from TOUR 2017 Thanksgiving 25

東宝系映画「君の膵臓をたべたい」主題歌

映画の内容に沿って作られたこの曲は主人公とヒロインの心情がよくわかる歌詞となっています。

歌詞は優しさの死に化粧♪やサビの暗がりで咲いてるひまわり♪のような重いテーマの内容となっていますが、メロディーは壮大でロック調の力強い演奏がされており、

僕はこのシリアスな歌詞と力強いメロディーがHANABIのようだなと感じました!

そしてなんといってもLiveでの桜井さんがかっこいいです!

 

 

以上、2000年以降のミスチル超ド定番おすすめ曲でした。

 

令和にはどのような名曲を作り上げてくれるのでしょうか!

これからもMr.Childrenには目が離せません!