くろすけのコツコツブログ

野球と筋トレが好きな医療系営業サラリーマン。10年後の自分に誇りを持てるよう今を懸命に生きます。

【性とドラッグの街】アムステルダムの飾り窓地区はすごかった

どうもくろすけです。

f:id:aloe_dental:20190514222547j:image

アムステルダムとはオランダの首都で街のいたるところに川が流れているので「運河の街」として有名ですが、

夜になるともう1つの顔見せるのをご存知でしょうか?

 

本日はアムステルダムの裏の顔についてご紹介したいと思います。

 

 

飾り窓地区(レッドライトエリア)

 

アムステルダム中央駅から歩いてすぐのところに通称「飾り窓地区」と呼ばれるところがあります。

 

この「飾り窓地区」は合法的な売春地区として世界的に知られていて、夜になると赤い光の窓の中にセクシーな女性がたくさん立っています。

 

僕が「飾り窓地区」に行って驚いたのは夜になるとその周辺はたくさんの人で溢れかえっているということです!

どうしても売春地区と聞くと聞こえが悪いですが、日本のような危ないは雰囲気はなく、刺激が強い街でみんなはしゃいでるって感じでした笑

 

また、男性ばかりと思いきや女性もたくさんいることに驚きました。

「飾り窓地区」は1つの観光の一部として訪れる人も多いのかもしれませんね!

 

さらに驚いたことは「飾り窓地区」は街の中心部すぐにあるためかセクシーな女性がいる店の隣に飲み屋やカフェがあり、沢山の人で賑わっていることです笑

 

どういう神経して飲んでいるんだって感じです笑

 

「飾り窓地区」にはセッ◯スミュージアムや大人の玩具関係のお店など堂々と性にまつわることをさらけ出してるので逆に清々しい感じがしました笑

 

コーヒーショップ

f:id:aloe_dental:20190514222850j:image

オランダと言えば大麻が合法の街で有名です。

アムステルダムでは「コーヒーショップ」と言えば大麻を扱っているお店という共通認識があります。

 

日本国内では大麻を所持したり吸ったりしたら即逮捕ですが、アムステルダムではそこら中にタバコ感覚で大麻を吸っている方を見受けました笑

あまりにも道端で吸っているので、独特な大麻の香りにはすぐに気づくことができると思います笑

 

アムステルダム大麻を吸っている人達は男性も女性も皆楽しそうでした笑

 

スーパーなんかでは大麻風味のキャンディやアイスなどが沢山売られています。(大麻ではない)

 

まとめ

アムステルダムは特に男性にとっては楽園かもしれませんね笑

これらが合法の理由は

国が大麻や売春を合法とすることでマフィアの勢力を弱めるという意図があるようです。

 

それが観光客を生み、相乗効果になるのなら凄いことですよね笑

アムステルダムの夜の街は生きている間に一度は行った方がいいと思います笑

それぐらい衝撃的です笑